日本共産党
川崎市議会議員(多摩区)

赤石ひろ子

ブログ
2020年7月10日

さんぽみち―地域活動など、日々雑感―

川崎駅前で豪雨災害の義援募金を呼びかけました-日本共産党市議団。

市議団そろっての訴え。真ん中に私、赤石ひろ子

 「令和2年7月豪雨」が大きな災害、被害をもたらしています。7月3日からの梅雨前線・線状降水帯による大雨は、各地で7月1ヶ月分の2倍から3倍にあたる雨量を記録。8日時点で58人が死亡、17人の方が行方不明に。熊本県、福岡県、大分県、鹿児島県に加え、岐阜県や長野県でも大きな被害が発生しています。まだ雨が続いています。
 この豪雨災害に対し、日本共産党は国会議員をただちに現地に派遣し、現地の地方議員とともに調査や被害の聞き取りなどを実施。また、募金も行っています。私たち、日本共産党川崎市議会議員団も本日10日(金)、16時から17時まで、JR川崎駅中央東口にて、今回の豪雨災害の義援募金の呼びかけ宣伝を行いました。往来の方々に向けて、代わる代わるハンドマイクでメッセージを発信し、ビラを配り、募金箱をもって協力を呼びかけました。集まった募金は1万4095円でした。
  
 募金をしてくださった方にひとこと募金した理由を聞きましたら…
 「九州出身だから他人事ではないので」
 「いつも災害があれば、どんな団体でも募金しています。ありがとうございます」
 「本当に大変な状況で、自分にはこれくらいしかできることがないから。頑張ってください」
 「テレビで見ていたら胸が苦しくなりました。他人事ではありません。川崎もいつ被害があるかわからないし。頑張ってください」
 「大変な状況を見て『自分も何かしたい』と思っていました。よろしくお願いします」
 「共産党大好きです。頑張って」
 「少なくて申し訳ないですけどお役に立ててください」
 男子高校生のグループも足を止めて募金してくれました。
  
 ご協力ありがとうございました。
 明日(毎土曜)は、恒例の登戸駅ペディストリアンデッキでの宣伝ですが、そこでも義援募金を呼びかけます。


新着情報

市議会活動REPORT
NEW ブログ
市議会活動REPORT
市議会活動REPORT
NEW ブログ
市議会活動REPORT
さんぽみち―地域活動など、日々雑感―
ブログ
さんぽみち―地域活動など、日々雑感―

過去記事一覧

PAGE TOP