日本共産党
川崎市議会議員(多摩区)

赤石ひろ子

ブログ
2021年5月23日

地域の話題など、日々雑感―さんぽみちー

第4回「学生0円スーパー」に過去最多148名が来店

スタッフ一同での記念撮影(5月23日)
盛況だった4回目の「0円スーパー」(5月23日)

 5月23日(日)、多摩区で4回目となる「学生0円スーパー」が開催されました。コロナ禍で困窮する学生を支援するための、食料や日用品の無料配布活動です。場所も、もうおなじみの専修大学通学路近く。今回は、民主青年同盟川崎北部が中心となり、9時30分から地元有志10数名のスタッフも加わり開店準備。
 開店は11:00でしたが、30分前から開店待ちの学生が並び、トータルで148名が利用してくれました。回を重ねるごとに利用者も増え、今回も多めに物資を仕入れたのに、また途中で買い足す事態となりました。
 30分前から並んだ男子学生の一人は、聞けばこの春から2年生。つまり、入学してからずっとコロナ禍で、学費は納めども、授業はリモート主体で、友達もできない生活が続いているのだと話してくれました。
 また4年生で就活中という2、3人のグループは、今年は求人も少なく苦戦中。親からの仕送りも減ったうえに、飲食業のバイトはシフトが激減。切り詰めた生活を送っている。米は本当にありがたい。何はなくても炊き立てのごはんがあれば元気が出ます、と。
 また、後半駆け付けた女子には、地域の新婦人グループが主催した女性向けの食料支援も案内しました。
 今回、お米は地域のお米屋さんから、青菜は地元の福祉事業所から、廉価で譲っていただいたり、フードバンクからの物資提供を受けたり、また、道行く方が1万円のカンパを寄せていただくなど、これまでにも増して地域とのつながりが生まれました。
 善意の輪が広がる、心と心が和みあう、そんなところにこの取り組みの意味を実感しました。


新着情報

市議会活動REPORT
NEW ブログ
市議会活動REPORT
INFORMATION
NEW ブログ
INFORMATION
市議会活動REPORT
NEW ブログ
市議会活動REPORT

過去記事一覧

PAGE TOP