日本共産党
川崎市議会議員

赤石ひろ子

ブログ
2019年10月18日

活動REPORT

台風19号による被害への対策を市議団で緊急申し入れ。

市議団そろって福田市長への緊急申し入れ。私、赤石は一番右側です。

 記録的な大雨で甚大な被害をもたらした台風19号の上陸から1週間、一都五県で640人がいまなお孤立状態にあると報じられています。
 川崎市でも数百棟近くが浸水した高津区、中原区をはじめ、多摩区でも菅、堰、布田などで135棟が浸水しました。
 私は台風上陸の12日から近くの避難所や河川を見回り、翌13日は浸水地域を訪ねました。そこには目を疑うような景色が広がり、大人も子どもも総出で泥かきや濡れた畳の運び出しなどに追われていました。なかには庭が陥没してしまったお宅もありました。

 この予想をはるかに超えた災害に対して、私たち日本共産党川崎市議会議員団は、急きょ、福田市長に申し入れを行いました。
 宗田裕之・市議団長を筆頭に、本日18日(金)、福田市長に要望書を提出。市長も早急に対応するとのことでした。
 被災された方々には心からお見舞いもうしあげるとともに、一日も早い生活再建をお祈りします。(下の写真の下に、市長への要望事項があります)


【市長に対する要望書の要望項目】

一 速やかな災害ごみの撤去・回収と住民への情報周知を
 ・罹災証明書の交付方法や災害ごみの収集方法などについて、被害地域に的確な情報提供を行ってください。窓口はワンストップで対応してください。
 ・災害ごみの回収については「生活環境事業所への持ち込み」を市民に求めるのではなく、被災地域で直接回収してください。置き場の設置、運搬支援、ごみ出しや泥出しができない高齢者世帯などへのボランティアの派遣、散水車の活用など、きめ細かく対応してください。泥、ヘドロや工場・店舗などの災害ごみについても、柔軟な回収の対応とともに、市民に回収方法を周知してください。
 ・市の責任で、床上・床下浸水した地域の住宅・事業所に対し、消毒用の薬剤の配布を早急に行ってください。公道・私道の区別なく消毒を速やかに行ってください。

二 工場・店舗への支援を急ぐ
 ・機械、商品などが冠水で使えなくなった工場などが多くあります。工場・店舗の設備や備品も含めた復旧に市として支援を行い、利用できる制度を早急に被災した事業者に周知してください。
 ・事業者が工作機械など事業系の災害ごみの処理に困っています。親身に相談にのり、回収できるよう対応してください。

三 被災者に早急な住宅の確保、ライフラインの確保を
 ・床上浸水など住宅被害が広がっており、15日現在で40人の市民が3か所の避難所に身を寄せています。市営住宅での対応とともに、被災者が地域のつながりを維持したまま生活再建できるよう自宅敷地への戸建てタイプの仮設住宅を設置してください。また、被災者の自宅周辺の民間アパートを「借り上げ仮設住宅」として活用してください。
 ・いまだ各地で停電、断水が続いており、高層マンションでの大変な状況も報じられています。ライフラインの復旧に全力をあげてください。
 ・被災者の住宅清掃、再建ができるまでの間のアパート等への仮入居について、ペット連れでは仮入居が困難なので、動物愛護センターなど短期で預かる施設の確保に努めてください。

四 河川による氾濫・浸水の原因究明と対策を
 今回の被害は多摩川が氾濫していないにもかかわらず、広範に深刻な浸水が起こりました。地域ごとの浸水の原因究明を早急に行い、今後の対策と地域防災計画の見直しをしてください。

五 避難所の課題と対策について
 ・今回初めて避難所を開設した地域も多く、開設状況や職員の配置状況、避難所の生活環境など様々な課題が浮き彫りになりました。これらの状況を総括し、今後の対策に活かしてください。
 ・市民の要望を受け、150万市民が安心安全な避難生活を送れるよう、抜本的な対策を講じてください。


新着情報

さんぽみち ―地域での活動、日々雑感―
ブログ
さんぽみち―地域での活動、日々雑感―
議会活動REPORT
ブログ
議会活動REPORT
さんぽみち―地域での活動、日々雑感―
ブログ
さんぽみち―地域での活動、日々雑感―

過去記事一覧

PAGE TOP