日本共産党
川崎市議会議員

赤石ひろ子

ブログ
2019年10月19日

さんぽみち

祭りのハシゴ。人の和がつながる。

 台風19号の後またも!! と心配された雨は、幸いなことに19日(土)午前中に上がりました。多摩区では本日19日(土)、3つのお祭りが開催されました。
 多摩区での浸水家屋は本日現在135件と増えてしまい、そんななか「お祭りってどうなのだろう・・・」と思われた方もいるかもしれません。
 でも、私はこんなときだからこそ、祭りで人と人が繋がることが大切だと思うのです。だから、今日は本当によかった。
 朝、9時すぎに、わが家から歩いて数分の生田緑地へ。第42回「多摩区民祭り」会場に出かけました。つい先日まで被災地に奔走していた区役所の皆さんも、今日はハッピ姿でにこやかでした。多摩区民祭りは生田緑地を会場にして今年で7回目。「区民祭りといえば生田緑地」がすっかり区民に定着しています。緑ゆたかな森のなかにしつらえた特設ステージではダンスや音楽などが次々披露され、周辺にはたくさんのブースが並び、家族連れでにぎわいました。
 19日夕方は、中野島神社と宿河原八幡宮のお祭りへ。中野島神社では、昼間は私が所属する和太鼓チームが演奏をしたはず。夕方訪ねたときには、神楽(かぐら)が演じられていました。
 宿河原八幡宮では、ちょうど大太鼓衆が沿道を練り歩き。大きな音が秋の澄んだ空気の中とどろいていました。どちらも境内は屋台でにぎやか。人々の笑顔はいつ見てもよいものです。


新着情報

さんぽみち ―地域での活動、日々雑感―
ブログ
さんぽみち―地域での活動、日々雑感―
議会活動REPORT
ブログ
議会活動REPORT
さんぽみち―地域での活動、日々雑感―
ブログ
さんぽみち―地域での活動、日々雑感―

過去記事一覧

PAGE TOP